FXで勝ち続ける

自己管理11(勝率について)

2016年06月02日

こんにちは、いつも読んでいただいてありがとうございます。

今回は「勝率」について考えてゆきたいと思います。

投資は「確率の勝負」という言葉を聞いたことがあると思います。
聞いたことがないという方はこれを機に、
「投資は確率の勝負」ということを頭に入れておいてください。

よく耳にするのが、
「1000万円飛ばしてしまった」
「資金をすべて失ってしまった」
など、投資で資金を全て無くしてしまう人がなんと多いことか。

なぜそんなことになるのでしょうか?
それは投資をギャンブルと取り違えているからです。
ギャンブル的な取引をするから、
資金をすべて失ってしまうことになるのです。

あなたはこのようなことがないように、
「投資は確率の勝負」ということを徹底的に頭に叩き込んでください。

投資はいつでも勝てるわけではありません。
いくら自己管理を徹底しても、
自分の決めたルール通りにやっても、
負ける時は必ずあります。

しかし、トータルで勝てればよいのです。
1回1回の勝ち負けで一喜一憂することはありません。

又、負けトレードが続いた時など、
自分のルールが信じられなくなる時もあるでしょう。

そんな時は冷静になって、
しばらく取引をしないことも選択しなければなりません。

要するにトータルで勝つ。
これさえ理解できれば1回1回の取引に
一喜一憂することはなくなります。

実際の勝率ですが、
6割でも十分です。

勝率が高い事に越したことはありませんが、
それほど勝率に拘る必要はありません。

小さく負けて大きく勝てば良いだけの話です。
シンプルに考えましょう。

勝率80%でも負けが大きければ、
トータルで勝つことは出来ません。

勝率50%でも勝ちが大きければ、
トータルで勝てるのです。

しかし、実際問題としてはやはり60%以上の勝率が理想的です。

投資は確率だと言いましたが、
確率と勝率はイコールではありません。

実際の取引の中で優位な条件の時にだけ取引をすること。
優位性がないときには取引を控えること。
これが確率に大きく関係しています。

確率とは、
実際のチャートの中で優位な条件の時に最適な条件で取引することです。

ここではまだ詳しい確率のことは置いておきますが、
そういうものだと思っていてください。
確率についてはおいおいお話します。

今回は勝率について間違った考えを正してほしいために、
勝率の実際について書きましたが、
理解できたでしょうか?

もし何かわからないことがありましたら、
お問い合わせからなんでも聞いてください。

次回も自己管理についてお話します。

それでは次回もお楽しみに。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: