FXで勝ち続ける

自己管理02(取引日と取引曜日)

2016年05月15日

こんにちは。

 

それでは早速授業に入りましょう。

その前に基本的なことを覚えていただきます。

なぜ取引記録をつけなければならないかということです。

 

それは、

1.自分の勝敗パターンが分かるようになる。

2.ベストな取引曜日が分かるようになる。

3.ベストな取引時間が分かるようになる。

4.ベストな精神状態が分かるようになる。

5.ベストな投資対象を絞り込めるようになる。

6.ベストなトレード戦略を作ることができるようになる。

7.無駄にパソコンの前に居ることが無くなる。

 

以上のことが自己管理、取引記録を付けることによって、

出来る様になるのです。

これはとても大切なことなので、頭に叩き込んでおいてください。

 

それでは授業に戻ります。

 

・なぜ取引日と取引曜日を記録しなければならないか?

 

それは、取引に向いている日と曜日がひと目で分かるようになり、

それ以外の日や曜日を避けることによって、

損失を減らせるからです。

 

ある取引日、ある取引曜日にはある程度のパターンが有ります。

そのパターンを把握し、

自分のトレードで儲かった日と曜日がはっきりと見えます。

儲かった日と曜日に集中してやれば、

勝ちトレードを多くすることが可能になります。

 

逆に損を出している日と曜日を避けることによって、

損失を最小限にすることが出来ます。

 

結果として、勝ち続けられるトレードが出来る様になるのです。

そのために取引日と取引曜日を記録に残し、

それを分析することによって、

自分のトレードスタイルを作ることが出来るようになります。

 

以上が、取引日と取引曜日を記録しなければならない理由です。

 

次回は、取引した通貨と商品名(ドル、円など)について

勉強しましょう。

 

では次の授業でお会いしましょう。

自己管理01(取引記録)

2016年05月15日

こんにちは。

それでは今日から本授業を始めてゆきましょう。

まずは一番重要な「自己管理」から始めます。

 

自己管理とは自分で決めたルールに則って、

トレードすることを言います。

 

しかし、これを守れる人が非常に少ない事実があります。

だから負けるんです。

常勝トレーダーになるためにはこの「自己管理」を

徹底的に頭に叩き込み、

徹底して自分で決めたルールを必ず守ることです。

非常に難しいことですが、

これが出来なければ投資は諦めてください。

 

「自己管理」を出来る人こそが、常勝トレーダーとなれるのです。

投資をするからには常に勝ち続けなければなりません。

もちろん取引のすべてを勝つという意味ではなく、

月単位で勝つということです。

最低30%の月利を出せるように頑張りましょう。

「自己管理」さえしっかりとできれば月利30%など

当たり前にできる目標です。

 

前置きが長くなりましたが、

まずは「自己管理」を構築する上で必要な、

「取引記録」を毎回のトレードで付けることから始めましょう。

 

取引1回につき必ずトレード記録をつけてゆきます。

記録する内容は、

1.取引日、曜日

2.取引した通貨と商品名(ドル、円など)

3.取引内容(ロットサイズ、買か売りなど)

4.注文時間と注文金額

5.決済時間と決済金額

6.取引手法(順張り、逆張りなど)

7.その時の感情

 

 

以上ですが、一つ一つがわからないと思うので、

次回から取引記録の付け方の詳細を勉強しましょう。

 

まずは「自己管理」。

これを徹底させるために取引記録をつける。

ことから始めてゆきましょう。

 

取引記録をつけてある程度記録が溜まったら、

それを元に分析し、

自分に合った時間帯や通貨、

取引方法や取引金額などがわかるようになります。

これらを元に自分のルールを作るのです。

そしてこのルールを徹底して守ること。

これが「自己管理」につながります。

一番重要なところですので、

理解しながら取引記録をつけてみてください。

 

先程も言いましたが、

次回は実際の取引記録の付け方の詳細を勉強してゆきます。

それでは次回もしっかりと勉強してゆきましょう。

 

追伸

自己管理術の最後には、

取引記録をつけるエクセルファイルをプレゼントします。

最後まで必ず授業に参加された方だけの特別なプレゼントです。

お楽しみに。

5 / 512345

プロフィール

はじめまして。
FXを始めて3年になります。
投資の勉強はかなりしてきたつもりです。
投資成績もかなり良い方だと自負しています。
あなたにも本当の投資法をお伝えしてゆきます。
詳しくはこちらから御覧ください。
詳しいプロフィール

お気に入り

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

最近の投稿

カテゴリー