FXで勝ち続ける

自己管理04(取引内容)

2016年05月23日

こんにちは。

前回の内容は理解できたでしょうか?
まだの方は前回記事をご覧ください。

さて、今回は「取引内容(ロットサイズ、買か売りなど)」
について勉強してゆきましょう。

取引内容。
これには2つの要素があり、
まずはロットサイズ。

ロットサイズを決めるのは、この後の資金管理でやる課題なのですが、
ここで一応説明しておきます。

1ロットとは、あなたの資金のうち、
適切な計算式で出された金額のことを言います。

また、FXでは取引会社によって違いは多少ありますが、
1ロット47000円位になっています。

今回説明するロットとは違いますので、
お間違えが無いようお願いします。

ここで言うロットとは、
あくまであなたの資金量を元に計算した、
適切な金額を言います。

例えば、100万円の自己資金があるとして、
その人が計算で出した1ロットの金額が10万円とすると、
この人は10ロット持っていることになります。

このロットの考え方は証券会社のロットではないということを
お知りおき下さい。

ここで取引記録をつけるときは自分の計算で出した
ロット数を書き入れます。

次に、買いか売りかですが、
簡単にするため、+か-で書き込むようにすれば、
すぐ目で見て判断しやすいのでおすすめです。

もちろん、買、売、等と書いてもよりわかりやすいでしょう。

要するに、買いで注文したのか、売りで注文したのかが
はっきりすれば良いわけです。

以上が「取引内容(ロットサイズ、買か売りなど)」の
説明でしたがお分かりいただけたでしょうか?

もし、途中でわからないことがあれば、
お問い合わせから何でも聞いてください。

それでは今回の授業はこの辺で終わりにします。
次回は、「注文時間と注文金額」について解説しますので、
次回講義もお楽しみに。

「自己管理さえしっかり守れれば、確実に勝ったも同然だ」

自己管理03(取引した通貨と商品名)

2016年05月22日

こんにちは。

それでは今回も自己管理について勉強してゆきましょう。

今回は取引記録の中で「取引した通貨と商品名(ドル、円など)」
を見てみます。

それでは早速言ってみましょう。

3.取引した通貨と商品名(ドル、円など)

なぜこの記録をつけなくてはならないかですが、
FXと言っても様々な通貨ペアがあります。

その中でも自分に合った通貨ペアが、
取引記録で明らかになります。

はじめのうちは様々な通貨ペアで取引をすることをおすすめします。
何故かと言うと本当に自分に合った通貨ペアが、
取引記録をつけることによって明らかになるからです。

そして、自分に合った通貨ペア、
その時間帯に合った通貨ペアを取引記録を分析することによって、
明らかになります。

その中でも自分に合った時間帯と通貨ペアの関係が明らかになります。

そこで儲けが出やすい時間帯と通貨ペアで、
トレードすることによって、
利益を最大限にすることができます。

逆に自分が損をしている時間帯の通貨ペアも明らかになります。
その時間帯における通貨ペアでの取引を避けることによって、
損失を最小限にすることができます。

そうすれば、利益を最大限にし損失を最小限にする、
時間帯における通貨ペアがひと目でわかるようになり、
最大限の儲けを叩き出すことができるようになります。
そのために「取引した通貨と商品名(ドル、円など)」
を取引記録として記録してゆくことが大事になります。

以上が取引した通貨と商品名(ドル、円など)をつけなければならない
理由ですが、おわかりいただけたと思います。

さて、次回は「取引内容(ロットサイズ、買か売りなど)」
について勉強してゆきます。

次回もご期待ください。

「分析はトレードの基本。自己管理ができるかは、取引記録をつけることによって明らかになる。」

FX講座

4 / 512345

プロフィール

はじめまして。
FXを始めて3年になります。
投資の勉強はかなりしてきたつもりです。
投資成績もかなり良い方だと自負しています。
あなたにも本当の投資法をお伝えしてゆきます。
詳しくはこちらから御覧ください。
詳しいプロフィール

お気に入り

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

最近の投稿

カテゴリー