FXで勝ち続ける

自己管理02(取引日と取引曜日)

2016年05月15日

こんにちは。

 

それでは早速授業に入りましょう。

その前に基本的なことを覚えていただきます。

なぜ取引記録をつけなければならないかということです。

 

それは、

1.自分の勝敗パターンが分かるようになる。

2.ベストな取引曜日が分かるようになる。

3.ベストな取引時間が分かるようになる。

4.ベストな精神状態が分かるようになる。

5.ベストな投資対象を絞り込めるようになる。

6.ベストなトレード戦略を作ることができるようになる。

7.無駄にパソコンの前に居ることが無くなる。

 

以上のことが自己管理、取引記録を付けることによって、

出来る様になるのです。

これはとても大切なことなので、頭に叩き込んでおいてください。

 

それでは授業に戻ります。

 

・なぜ取引日と取引曜日を記録しなければならないか?

 

それは、取引に向いている日と曜日がひと目で分かるようになり、

それ以外の日や曜日を避けることによって、

損失を減らせるからです。

 

ある取引日、ある取引曜日にはある程度のパターンが有ります。

そのパターンを把握し、

自分のトレードで儲かった日と曜日がはっきりと見えます。

儲かった日と曜日に集中してやれば、

勝ちトレードを多くすることが可能になります。

 

逆に損を出している日と曜日を避けることによって、

損失を最小限にすることが出来ます。

 

結果として、勝ち続けられるトレードが出来る様になるのです。

そのために取引日と取引曜日を記録に残し、

それを分析することによって、

自分のトレードスタイルを作ることが出来るようになります。

 

以上が、取引日と取引曜日を記録しなければならない理由です。

 

次回は、取引した通貨と商品名(ドル、円など)について

勉強しましょう。

 

では次の授業でお会いしましょう。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: